空港のターミナルゲートは事前に確認しましょう

1410735813pl8ep-300x224先日女友達と二人で飛行機に乗って旅行に行ってきました。
無事に目的知の北海道に行ってこれたのですが、空港に行くのも、飛行機に乗るのも高校の修学旅行以来の初めての体験でかなりパニックになりました。
友達も飛行機は初めてだし、方向音痴だし・・・もう一歩遅かったら飛行機に乗れないところだったんです!
もうちょっと事前に確認しておけばよかったんだろうけど、「なんとかなる!」と私たち二人の悪い癖が出てしまい・・・。トラブル続きでした。
まぁ今となっては笑い話なんですけどね(笑)
当時、原宿で友達と待ち合わせをし、電車で日暮里まで行き、乗り換えて成田空港まで。

ここまでは順調でした。
時間に余裕を持ってでてきたので、時間があまったら空港で買い物しよ~なんていう段取りでした。
そして成田空港に到着し、そこから徒歩でした。
目の前に大きな空港が見えて、「おっきいね~」と話ながら向かって表札もなにも確認せずに一番近くに見えた入口からは入りました。

空港内はゴールデンウィーク直前だったのでかなり混んでいました。
すごい人をかき分けながら上部にある電光板の案内を見ながら歩いていると友達が「あれ?私たちってどこに行けばいいんだっけ?」と言ってきました。
お互いに無知なので、相手まかせにしていたところがあって、私よりは友達の方がどちらかというと、頼りになるので全く何も考えなしについていってたんです。
私たちが乗る飛行機はANAの国内線です。
その時にいた場所はどうみても、国際線エリアでした。

ANA国内線は第2ターミナルの、どこ??。
ターミナルは第2でよかったんですが、その時点で私たちはパニックになり、とりあえず歩いて探そう!と無謀な行動にでました。
ここで焦っちゃう前に、人に聞けばよかったんですよね・・。
今思うと冷静に考えられるけど、その時は搭乗手続きを済ませて時間までに行かなきゃいけないから!ということが頭にあったのでとにかく走りまわっていました(笑)
ここは違う、こっちも違うと自分がどこにいるかもよくわからなくなり、動く歩道にも乗ったりかなり大周りしていました。

なんとかやっとANAの窓口カウンターに到着し、急いでチェックインの手続きを。
そこで8桁の確認番号が書いてある用紙が見つからずまたまたパニックに!
人ごみの中、二人でスーツケースを広げて探しました。

最終的には私のポケットの中に・・・、泣きそうでした。
手続きはギリギリ間に合い、搭乗しました。
なんだか旅行気分が一気に下がってしまったんですけど、落ち着いて行動すればちゃんと案内があるのに・・・。
今回はとても勉強になる旅だったので、私は慣れるためにもまた行きなって考えてたけど、友達はしばらく飛行機は乗らなくていいかな、と言っています(笑)
最近話題のサイト情報:ANAの予約はスカイチケット

未分類
READ MORE

ターミナルの場所がわからずに迷子に…事前に調べておく事が肝心です

念願だった沖縄へ旅行に行って来ました。
主人と一緒に行って来たのですが、主人にとっても初めての沖縄だったので夫婦で思いっきりはしゃいで楽しんで来ました。

結婚した時にお互い仕事が忙しくて休暇を取る事が難しく、新婚旅行には行けてませんでした。
その事を主人がずっと後悔していたらしく、結婚5年目になる月に沖縄旅行を計画してくれていたのです。
主人とは旅行自体行った事があまりないのですごく嬉しかったですし、沖縄もずっと行ってみたいと思っていた場所なので、幸せでした。

出発の日まではガイドブックやスマホで観光地やお土産屋さんを検索し、どこへ行きたいかなど計画を練っていました。
そして出発当日…羽田空港から飛行機に乗る事になっていたのですが、思っていたよりもすごく広く迷子になりそう…。
案の定迷子になり、ターミナルに自分たちだけで行く事が出来ませんでした…。
ターミナルはどこも同じ場所にあると思っていたのですが、航空会社によって違う事を初めて知りました。
ANAのターミナルは、第2旅客ターミナルにあり、搭乗するゲートの番号で「北ピア」と「南ピア」に分かれているので確認する事が大切です。
私たちはサッパリわからなかったので、全て係の人に教えてもらい、案内までしてもらいました。
今回のクラスはプレミアだったので、「ANA LOUNGE」を使うことができました。
ターミナル内で迷子になってしまった為に時間が無く、あまりのんびりする事が出来なかったのですが、フリードリンクやシャワールームなどもあり出発までゆっくり出来るようです。
まさか、そんな風な事が出来るとは知らず驚いてしまいましたが、良いサービスだと思います。

沖縄に到着してからは、水族館へ行ったり海でシュノーケリングなどをしてきました。
透きとおったキレイな海に感動し、スキューバダイビングの資格があったらもっと楽しめたのではないかと思い、今度取ってみようかと主人と話をしました。
石垣島にも行き、鍾乳洞を見て神秘な空間を満喫する事も出来ました。
5泊6日の旅だったのですが、足りないくらい素晴らしい旅行になりました。
また今度沖縄へ行こうと主人と約束をし、帰って来たのですが、もう沖縄に戻りたいくらいです…。
将来は自然溢れる沖縄でゆっくり過ごして暮らしたいな…なんて事も考えています。

今回、空港で迷子になり思ったのですが、旅行の際に飛行機を使う場合は、空港の状況を事前に確認すると良い事が分かりました。
ターミナルだけではなく、トイレなどの場所も事前に調べていく事でスムーズに行けると思うので、必ず調べた方がいいと思います。

未分類
READ MORE

国際線ターミナルの展望デッキからお見送り

息子が飛行機を見るのが大好きで、旦那が出張で日本を旅立つ日は必ず羽田空港の国際線ターミナルの展望デッキに行っています。
旦那は職柄で海外出張が多く家を空ける事が多く、出張のたびに息子が『パパはどこ?』と言って寂しがります。
私が『パパはお仕事でいないんだよ』と言って聞かせても不安がるだけなので、ある時旦那を送りに空港まで行った際に、国際線ターミナルの展望デッキへ息子を連れて行き、旦那がのっている飛行機が飛び立つ瞬間を見せてあげたのをきっかけに息子の飛行機好き魂を焚き付けたらしく、それからは旦那の出張の度に見送りがてら展望デッキを訪れています。

羽田空港の国際線ターミナルの展望デッキは、丁度JALターミナルの反対側になるのですが、ANAとJALターミナルからは無料連絡バスが出ているので、連絡シャトルバスに乗り込めば誰でも展望デッキに行くことが出来ます。
滑走路から飛び立った飛行機を指さして、『あれがパパが乗っている飛行機だよ』と言うと、息子も手を振ってくれています。
展望デッキに連れていってからは『パパがいない…』とぐずる事もなくなりました。

展望デッキからは飛行機の離着陸する姿を見る事が出来て私もなんだかワクワクします。
このデッキは6時半から夜の22時まで解放しているのでひっきりなしに飛行機が離着陸していく姿を見る事が出来ます。
平時、慌ただしく飛行機が離着陸している空港ですが、夜になると滑走路の誘導灯や、飛行機の機体のランプが真っ暗な空間に浮かびあがっていて凄く幻想的な光景が見えます。
また、展望デッキ自体が結構な広さがあるので、人気が少ない時には子供を走らせて遊ぶことも出来ます。
中央に屋根付きのベンチもあるので、ベンチに座ってゆっくり飛行機を眺めるのも良いでしょう。
展望デッキからは東京タワーも東京スカイツリーも見る事が出来るので、息子も喜んでくれています。

展望デッキ以外にも、国際線ターミナル内には屋内展望もフロアやカフェ、イタリアンレストランもあります。
屋内展望フロアは、着陸している飛行機をすぐまじかで見る事が出来ますし、滑走路に向かう飛行機の姿も見る事が出来ます。
展望デッキで見送りをみた後は必ずカフェがレストランでご飯を食べているので、息子は国際線ターミナルのことを何かのテーマパーク勘違いしているのかもしれません。

でも国際線ターミナルに連れてくると、息子は楽しそうに飛行機を見ていますし、私自信もなかなか楽しいですもそんな息子を見ていると心がほっこりします。

未分類
READ MORE

産後初の沖縄旅行をanaで行ってきました

毎年国内ではありますが、家族で旅行をしています。
去年は、出産という大イベントがあったので行けずじまいでした・・・。
子どもが1歳を迎えたこともあり、沖縄に旅行に行くことにしました。
もちろん飛行機を使ってですが、今年もいつもお世話になっている、anaに予約をしました。
anaは、ネットチケットの予約ができるのでかなり楽ちんです。
いつもは夫婦2人だったので、特に座席とか気にすることなく選んでいたのですが、やっぱり小さい子供がいると「ビジネスクラスにアンクアップした方がいいのかな」とか「ラウンジが使えた方がいいかも」など色々と考えてしまいます。

色々考えた結果、まだ動き回らないということもあり、いつも通りに予約をしました。

いざ、羽田空港に行き国内線のターミナルに行こうとしたのですが、ちょっと迷ってしまい・・・
結局、窓口に行きターミナルの場所を聞き、無事に到着できました。
ターミナルに行き、チェックインをし搭乗手続きも完了。
久々の飛行機に、テンションマックス。
それに、沖縄に到着するまでずっと寝ていてくれたので、疲れることもありませんでした。

そして、那覇空港に到着してまずはレンタカーを借りて、ホテルに直行。
あまり初日から無理をすると、あとで疲れてしまう・・・そう思って、食事もホテルですませることにしました。

1年ぶりの沖縄、やっぱり景色もそうですが、この雰囲気が大好きです。
2日目は、ドライブに出かけました。
離島があると聞いたので、水着をもって。
子どもにも負担にならない距離だったし、ちょっとゆっくりしたいなという気持ちもあったので。
海岸について、水着に着替え、いざ海の中に。
透明で青い海は見ているだけで、心が癒されました。
朝から夕方まで、ずっと海岸にいたのですが、比較的人が少ない海岸で、のんびりできるのは至福の時間でした。

3日目は、水族館に行きました。
今回の旅行で一番楽しみにしていた水族館。
いつも来ているけど、なぜかここだけは観光しなかったという。
やっぱり、子どもがいるといないとでは回る場所も変わってくるんだなと、親になった気持ちを感じることができました。

沖縄には3日滞在し、帰ってきたのですが帰ってくるといつも思う・・・来年も行きたいなと。
来年は子供も成長していることだし、また違った観光ができるのかなと思うと、今からワクワクしています。
いつか沖縄に住めたらいいな~。
これが今の私の一番叶えたい夢です。

未分類
READ MORE

夫のおかげでターミナルがどこか迷うことなく無事に見つけられました

旅行へは、子供を出産してからは全然行っていなかったのですが、6歳になり、育児の手間もなくなったのでそろそろ旅行にも行けるかなという頃になったのでみんなで旅行に行くことになりました。
あとは第二子を妊娠し、来年家族が増える予定で、そうなるとまたしばらく旅行に行けなくなると思うので、今のうちに旅行に行っておきたかったのです。
行先は沖縄になりました。

飛行機はどこがいいか迷ったのですが、子供もいるので信頼できる航空会社がいいと思いました。
そこでいつも夫が出張で利用しているANAを選びました。
ネットから航空券の予約が出来ました。
予約は意外と簡単で初めての私でもスムーズに行うことが出来ました。
子供も初めて飛行機に乗るということでとっても楽しみにしていました。

そして、旅行出発日です。
休日なので混むことを予想し、少し余裕を持って早めに空港に向かうことにしました。
羽田空港に到着したのですが、広くてANAのターミナルがどこなのか一瞬迷ってしまいました。
夫はよく飛行機を利用しますので、慣れた感じでターミナルまで案内してくれて迷わなくて良かったです。
ANAの国内線は第二旅客ターミナルにありました。
自動チェックイン機で航空券を発行し、出発ロビーの場所も確認しました。
搭乗口は2つに分かれており、この2つも距離があるので間違えてしまうと搭乗に間に合わなくなることもあるとかで・・・
飛行機に乗るのって難しいなと思ったし、もし私1人なら完全に迷ってしまいそうです。
方向オンチ!?な私なら間違えかねないので、夫がいてくれて良かったです(笑)
夫の案内のおかげでスムーズに手続きが終わり、無事飛行機に搭乗することが出来ました。
搭乗の際、妊婦だったので優先案内してもらえました。
CAさんも体を気遣ってくれてブランケットを用意してくれたり、息子に笑顔で接してくれたり、手厚いもてなしでとても嬉しかったです。
息子は初めての飛行機で怖くないか心配だったのですが、逆にすごく楽しんでくれて空を飛べたことに興奮していたみたいです。

無事に那覇空港に到着しました。
現地の天気は晴天でまさに旅行日和でした。
レンタカーをしてドライブで海の近辺を走ったり、有名な水族館に行ったりしました。
おいしい沖縄の郷土料理も食べれたし、良い思い出を沢山つくることができ、とても楽しかったです。

帰りの飛行機の中でも快適で無事に東京に帰ることが出来ました。
次はいつ旅行に行けるか分かりませんが、またこうやって家族で楽しく旅行に行けたら良いなと思っています。

未分類
READ MORE